ダイエットに効果がある便活・腸活とは何なのか?

 

便活・腸活という言葉がありますが、主にダイエットを行っている人から効果についての注目度が増している状態です。

文字の中に含まれていますのでわかるでしょうが、この言葉は人の体内にある臓器の一つである、腸に関係してきます。

腸は胃で軟らかくなった食べ物に含まれる栄養素を吸収したり、不要なものを押し流して肛門まで移動させる働きを持っています。

食べ物を運ぶ腸は人の健康を維持するのにとても大切な臓器ですが、働きが弱まってしまえば栄養が十分に吸収されません。

また、不要なものを押し流す力も低下してしまいますので、便秘を引き起こしてしまいます。

便秘になると肥満に繋がるとされていることから、便活・腸活をすることで便の流れをスムーズにし、ダイエット効果を得られやすくするというのが、注目される理由です。

腸の状態を良好にするための腸活で重要になってくるのが食べ物です。

内臓である腸は筋トレをしてもなかなか改善されるようなものではありません。食べ物の質が関係したり、脳の働きなどによって動きがコントロールされています。

おすすめの腸活の食べ物として覚えておきたいのが、乳酸菌が含まれる発酵食品です。

腸の中には常時、たくさんの菌が住んでいます。

この菌のバランスが保たれることで、腸内環境が整い、健康状態や機能を良くすることができます。

乳酸菌は腸に良い菌として有名です。ビフィズス菌や納豆菌、酵母菌なども乳酸菌同様に良い菌として知られています。

これらの良い菌は一般的に善玉菌と呼ばれています。善玉菌は腸内環境を整えてくれる、腸活に必須の菌だと覚えておきましょう。

善玉菌とは対極をなす存在なのが、悪玉菌と呼ばれる菌の仲間です。悪玉菌の種類として有名なのが、大腸菌やピロリ菌、ウェルシュ菌などです。

ウェルシュ菌はあまり世間一般では知られていない存在ですが、大腸菌は腹痛や下痢の原因になったり、感染症を引き起こすことで割と有名です。

ピロリ菌は主に胃に対する悪影響を及ぼすもので、最悪の場合には胃がんの原因にもなるとされています。

ピロリ菌の生息域は主に胃の粘膜ですので、腸活を考える際には大腸菌やウェルシュ菌などに注意してください。

特にウェルシュ菌は腸内環境が整っている人の腸内には殆ど生息しない菌です。この菌が存在するということは、悪玉菌が多い腸になっており、身体の調子を悪くしたり、肌荒れや肥満などの症状に繋がる恐れがあります。

悪玉菌が増えてしまい、善玉菌が減っているなら、口から善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を届けてあげましょう。腸に達することで善玉菌の数を増やし、同時に悪玉菌を減らしてくれます。

手っ取り早い食品として、ヨーグルトがあります。ヨーグルトには乳酸菌がたっぷりと含まれており、便秘に悩む女性だけでなく、男性からも人気の発酵食品です。

スーパーやコンビニなどの食料品売り場で普通に売られている食品ですから、入手しやすいのがメリットです。

飲むヨーグルトやフルーツが入ったヨーグルトなど、様々なバリエーションが用意されており、飽きにくいのも毎日のように腸活を実践するにはとても役立ちます。

朝食と一緒にヨーグルトを食べる傾向が強くなっているものの、夕食後に食べる方法もおすすめです。

人が寝ている間に善玉菌がたくさん増える性質を持っているためです。また、善玉菌は胃酸に弱いという特徴を持っています。空腹時に食べると胃酸に負けてしまう心配がありますので、普段の食事の後に食べるのが理想的です。

効率良くヨーグルトで善玉菌を増やすなら、オリゴ糖も一緒に食べましょう。

オリゴ糖は善玉菌の餌になります。ヨーグルトだけではなかなか腸の調子が向上しない場合などで、オリゴ糖を利用してみてください。

オリゴ糖は糖分の仲間ですので、ダイエットに不向きのような気がしますが、一般的な砂糖が分類されるショ糖と比べると、吸収されにくい糖分です。

カロリーも低めになっていますから、ダイエット向きの糖分として使われています。取り過ぎはもちろん肥満に繋がる危険があるものの、適量であれば心配しなくても大丈夫です。安心してヨーグルトと一緒に食べてみましょう。

善玉菌の増やし方にはヨーグルトばかりでなく、他の発酵食品でも可能です。食事で摂るのが大変であれば、便活・腸活!便秘解消とダイエットが同時にできる「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」がおすすめです。

「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」には驚くほどたくさんの乳酸菌や食物繊維が含まれており、便を押し流す力が強くなり、便秘の改善を促しダイエット効果を高めてくれます。

腸活をする時は、お風呂はシャワーで済ませず、湯船に浸かってお腹を温めましょう。お腹の部分を円を描くようにマッサージしてあげると、腸の動きを促すことができます。