菌活飲料とサプリを使用した腸活で腸内環境改善しよう!

 

腸内環境が悪いという事は、体に対し有毒な働きを見せる悪玉菌が数多く、良い働きを見せる善玉菌が少ない状況です。

悪玉菌が過多になると、腸内のタンパク質を腐らせて腐敗物質や有毒ガス、発がん性物質などを生成してしまって、腸の働きや動きを鈍らせて便秘に繋げてしまい、腸内をアルカリ性にすることから善玉菌を減少させてしまうなどが起こって、その影響で腸が汚染されているため、様々な影響が体に発症してしまいます。

腸内環境が悪いと、腸のみならず全身に症状が発生してしまうため気を付ける必要があります。

お腹に痛みが出るばかりか肌荒れや吹き出物、血行が悪化することで肩こりや腰痛、だるさや疲労感、食欲低下、便が硬くなることで痔を招いてしまったり、自律神経の働きが乱れてしまい、イライラや不快感などの症状が現れることだってあります。

こういった腸内環境を悪くしてしまう原因としては、なによりも食生活の悪さが挙げられます。

肉類等の脂質が多い食事を摂っていたり、コンビニやファストフード、レトルト食品やスナック菓子をしょっちゅう摂取してしまうと悪玉菌のエサとなってしまい悪玉菌の増殖に結びつきます。

こういった腸内環境の悪さを改善することを目指す活動として、近年では菌活が流行っています。

菌活とは、腸内環境改善を目的に善玉菌を増加させることが可能な食生活をしたり菌活飲料を積極的に摂取する、サプリメントを日常的に取り入れていくことなどをしていく活動です。

手っ取り早く菌活できる飲料として人気なのが発酵茶である「コンブチャ」ということなんです。

菌活飲料として昔流行った「紅茶キノコ」とも呼ばれています。菌活を目指し効率的に善玉菌を摂りいれる事ができ、腸内環境改善に結び付けていくことが叶うとされています。

コンブチャには善玉菌である乳酸菌の他にも、ポリフェノールやビタミン、ミネラル、アミノ酸などが含有されていて、コンブチャは、腸内環境を改善することにとどまらず、美容やダイエット効果も期待することができます。

かつてはモンゴルが発祥の発酵飲料で、日本でも手間をかけずにティーパックなどで飲用することができるようになっています。また、自分で作る事もできて、いつでも飲むことができます。

レシピですが、ガラス瓶を煮沸させて綺麗な保存容器を用意したら、1リットルのお湯をしばらく沸騰させ、紅茶のティーパック2袋と砂糖80グラムを入れ込んで常温程度になるまで放置します。紅茶は濃くいれます。

常温の20~30度程度になるまで冷ましたら、紅茶を保存容器に入れて種菌を入れ込んでいきます。

種菌は生きているため酸素が必要不可欠ですので、容器を密閉しないで布やキッチンペーパーなど酸素の通る素材で覆い、輪ゴムで留めておきます。

保存する際には直射日光の当たらない、瓶があまり揺れない所に保管していきます。味噌などの発酵食品、洗剤等の周辺に保管していると菌が移ってしまう可能性もあるため離して保管していきます。

5日後程度から菌が入らないように煮沸したスプーンなどで味見をしていきます。甘いだけでは発酵が十分ではありませんので、まだしばらく放置して味見を繰り返します。

表面が発砲している状態で、甘酸っぱい味になれば完成の目安となります。数日置いて自分好みの酸っぱさになるのを待つのもおすすめしたいと思います。

放置しておくと発酵が進んで美味しく無くなってしまうため、漏斗を用いて煮沸した別の保存瓶などに移替えて発酵の進まない冷涼な場所か冷蔵庫に保存しましょう。

菌活飲料とし食前に60ミリリットル程度飲用したり、スムージーに入れる、フルーツポンチのように楽しむなどいろいろな飲み方をすることができます。

菌活飲料とし効果的なコンブチャですが、味が苦手という人もいることでしょう。

発酵食品を積極的に口にする事でも菌活になるのですが、食生活を改善するのは困難だという人にはサプリメントの活用がおすすめです。最近では、乳酸菌を摂取することが可能なサプリメントも数多く販売されています。

善玉菌である乳酸菌を効率よくサプリメントで摂取することができるようになるため、腸内環境の改善になります。そんなサプリメントの選び方として、自分の目的にあった商品を選んでいくことが大切なのです。

また、生きて腸まで届くのか死菌でも良いのかなど菌の特徴というものを理解して、善玉菌を増加させる作用を持つ栄養素もしっかりと含まれているものが良いとされています。

このような飲み物やサプリメントを活用することにより効率的に腸内環境は改善していくことができます。

しかし、菌活に大切なことは、まず食事の改善です。脂質が多かったり、外食が多いとせっかく菌活飲料やサプリメントを摂取しても無駄になってしまいます。その為野菜を中心にしたメニューにチェンジし、食事はなるべく自宅で食べるようにしていきます。

腸内を動かしやすくなるように運動したりとか、自律神経を整えるために規則正しい生活を行うなどを毎日継続していくことによって腸内環境は整います。